1

タグ:“虚像”[8]

スペル本文中に“虚像”が含まれる、或いはそれに関連するスペル。

[ .spell ] 脳内段違い平行棒
イメージ , シナプス , 不都合 , 世界 , 偶像 , 好都合 , 宇宙 , 希望 , 本質 , 現実 , 矛盾 , 精神 , 虚像 , 非可逆 , 領域 ,
2011.12.10 ... 何故、生きねばならぬのか?それは、生の惨たらしさを嫌というほど思い知るためである。本質は至極シンプルだ。精神世界と現実世界は、驚くほど乖離しているほうが都合が良い。近似値、或いは隣接していると、恐らく壊れてしまうだろう。 ...
spell.vincent.in/spell/2011/12/10/130632.php
[ エッセイ/随想 ] 何もない
サイコロジカル , プロセス , ベクトル , マントラ , ランデヴー , 世界 , 主観 , 事実 , 他人 , 全身全霊 , 前提 , 割愛 , 受動 , , 夢想 , 妄想 , 定義 , 客観 , 度外視 , 彷徨 , 必然 , 快感 , 思考 , 情緒的 , 意味 , 意義 , , 感情 , 捏造 , 昇華 , 曖昧 , 未練 , 本質 , 極論 , 概念 , , 氷解 , 派生 , 涅槃 , , 現実 , 球体バブルス , 理解 , 相応 , 真理 , 瞬間 , 破滅 , 社会的 , 究極 , 精神 , 終焉 , 絶対 , , , 能動 , 自分 , 般若心経 , , 虚像 , , 要素 , 観点 , 解釈 , 言い得て妙 , 躊躇 , 輪郭 , 錯覚 , 閑話休題 , 面白い , 願望 , , 飽き足らず
2009.08.02 ... 愛とは始まりも終わりもない精神世界でのピリオド。精神世界。意識の集合体。如何様にも虚像を捏造し、また、実在するかのような錯覚を覚える。妄想──。極論を云えば、全て妄想である。 ...
spell.vincent.in/essay/2009/08/02/133142.php
[ .spell ] 成長考
ネガティブ , プラス , プロセス , ベクトル , マイナス , 地の底 , 宇宙 , 崇高 , 度外視 , 弱肉強食 , 思考 , 意味 , 捏造 , 根幹 , 概念 , 構造 , , 相応 , 確率 , , 能書き , 臨機応変 , 自問自答 , 自画自賛 , 自虐 , 虚像 , 要素 , 証明 , 評価 , 譬えば百千枝葉 同じく一根に趣くが如し , 領域 , 食物連鎖 ,
2007.09.28 ... 眩しい魂を目の当たりにして灰色の脳細胞が活性化した。「成長」──。一般的には「プラス要素」の言葉。角度を変えて捉えてみる。「成長したなぁ〜」などと「他己評価ベクトル」と「自画自賛ベクトル」の両ベクトルがある。どちらも「プラス要素」としての意味合いから発せら ...
spell.vincent.in/spell/2007/09/28/134931.php
[ .spell ] 現実と非現実・破
スパイラル・クロス , 世界 , 傲慢 , 刹那 , 勝負 , 厭世 , , , 夢想 , 妄想 , 希望 , 強欲 , 思想 , 思考 , 思考回路 , 性懲りもなく , , 恋愛 , 恣意 , , 愛する , 感覚 , 成立 , 根底 , 極論 , 概念 , , 浄化 , 涅槃 , 現実 , 理解 , 真理 , 瞬間 , 矛盾 , 究極 , 精神 , , , 能動 , 自分 , 自分本位 , 自問自答 , 虚像 , 非現実 , 食物連鎖 , 飽き足らず ,
2007.08.21 ... 「愛」と「殺」は同じこと。「死」ではない。やはり「殺」だ。「死」は「状態」「状況」。「殺」は「能動」「意思」。似て非なる「現実」と「真実」の違い。人を愛すると云うことは人を殺すこと。 ...
spell.vincent.in/spell/2007/08/21/075606.php
[ ポエトリリック ] 鼓動
安心 , 彷徨 , 現実 , 虚像 , 非現実 , 魑魅魍魎
2006.11.27 ... 脈打つ心臓の鼓動が聴こえる。首から提げた大事な物を通じて。生きている。あらゆる一切の本末転倒した虚像の影。それらにやられてしまうほど弱くはない。現実と非現実の狭間で揺れ動く浮遊物体よ。当て所なく彷徨う魑魅魍魎の類いよ。元の場所へ還れ。お前らの餌食ではない。 ...
spell.vincent.in/poetry/2006/11/27/005900.php
[ .spell ] Origin
カタルシス , プラス , ベクトル , ポテンシャル , 世界 , , 定義 , 彷徨 , 教育 , 未曾有 , 根底 , 概念 , 構造 , 次元 , 流離 , 混沌 , 相応 , 空即是色 , 精神 , , 肯定 , 能力 , 能書き , 自然 , 色即是空 , 虚像 , 要素 , 覚醒 , 領域 , 顕在能力
2006.09.23 ... オリジナリティとは何か?さもお為可笑しく論ぜられる要素のひとつと云えよう。何を以て「オリジナル」と称するのか。定義の分岐が四方八方に乱れ飛ぶ。また、これを以て天下の作り手に対して、根拠不確定な能書きを捻り出して、何とかやり込めようとする向きさえある始末。「 ...
spell.vincent.in/spell/2006/09/23/053300.php
[ .spell ] 藪から棒に狙いを定める
イメージ , 世界 , 剥き出し , 幻想 , 捏造 , 曖昧 , 理解 , 理解不能 , 確固 , 藪から棒に , 虚像 , 覚醒 , 輪郭 , 阿呆 ,
2006.08.05 ... 自我の人格は他我に育まれ捏造される。曖昧な輪郭を他我の指摘、明言によって確固たる自我の確立への糧とする。──のか?否、やはりそれは飽くまでイメージ、幻想に過ぎない。だが、人は幻想を幻想として括り切れない。故に、風評の類いとは一気に浸透し、収束には困難を極め ...
spell.vincent.in/spell/2006/08/05/045200.php
[ .spell ] boomerang technique
キャパシティ , 努力 , 問答 , 平等 , 必然 , 思考 , 意味 , 期待 , 濃度 , 無駄 , 現実 , 理解 , 自問自答 , 虚像 , 要素 , 願望
2006.05.02 ... 理解しようとするのは無駄な努力。許そうとするのはキャパシティのひとり押し問答。信じようとするのは一方的で愚かな願望・儚い期待。 ...
spell.vincent.in/spell/2006/05/02/221400.php
1