1

タグ:“定義”[58]

スペル本文中に“定義”が含まれる、或いはそれに関連するスペル。

[ エッセイ/随想 ] 信と疑
主観 , , 受動 , 定義 , 客観 , 差異 , , 我思う故に我あり , 根拠 , 概念 , 正義 , 理解 , , 真偽 , 紫煙 , , 能動 , 誤解 , 達観 , 陰の要素 , 陽の要素 , , 風潮
2019.01.25 ... 信・不信・無信疑・不疑・無疑これら定義の似て非なる差異が分からぬが故に、人は誤解を育み、決して分かり合えない。願わくば達観せよ。信じるのは各々の自由であって、それが正義であるとは限らない。信じていることが動機だったとしても、それを他人が理解していると過信し ...
spell.vincent.in/essay/2019/01/25/194655.php
[ エッセイ/随想 ] 善行と悪行
動けば良し , 善行 , 定義 , 思想 , 悪行 , 美徳 , , 関の山
2018.09.29 ... 善行であれ悪行であれ、一番恐ろしいことは「何故、それがそうで、そのような結果をもたらしているのか?」という仕組みが分からないことだ。善行であればそれほど執着されないが、悪行の場合、非常に困ることとなる。何故なら、どのようにすれば止まるのかが分からないからだ ...
spell.vincent.in/essay/2018/09/29/132204.php
[ エッセイ/随想 ] 猛暑にて紫煙を燻らす
カカア天下 , ジェントリー , ヒエラルキー , ベクトル , レガシー , 上から目線 , 上下関係 , 不要 , 他人 , 他人行儀 , 価値観 , 判断基準 , 勝敗 , 勝負 , 危険 , 友愛 , 双眸 , 右向け右 , 同調圧力 , 定義 , 帝国主義 , 度外視 , 必要 , 感覚 , 慇懃無礼 , 新鮮味 , 既知 , 昭和臭 , 気遣い , 淘汰 , 理解 , 相違 , 空前絶後 , 精神 , 精神的 , 紫煙 , 経緯 , , 脳裡 , 自分 , 親しき仲にも礼儀あり , 解釈 , 距離 , 通念 , 頑迷 ,
2018.07.16 ... 空前絶後の猛暑の中、ふと脳裡をよぎる。自身の女性遍歴を辿ると、今までには居なかったパターンだな、と。相手のことを自分事として捉えていない訳ではないが、飽くまでも他人ということをしっかりと認識できている。それが子まで設けた経緯なのかな、と自分なりに解釈してい ...
spell.vincent.in/essay/2018/07/16/113804.php
[ エッセイ/随想 ] 我慢と辛抱
メリット , 努力 , 危険 , 取捨選択 , 受動 , 受動的 , 好都合 , 定義 , 必要 , 我慢 , 損得勘定 , 旋回 , 混同 , , 能動 , 能動的 , 自愛 , 草稿 , 負の要素 , 辛抱 , 近似値 ,
2018.04.16 ... 我慢と辛抱の違い。「我慢したほうが良い」や「我慢は良くない」などで分岐するが、我慢の定義によってそれぞれに取捨選択されるよなぁ、と感じた。僕が感じるところの「我慢」とは、「そうしておけば後に自身の望むことが実現する」的に捉えている。云わば、「努力の賜物」と ...
spell.vincent.in/essay/2018/04/16/092521.php
[ エッセイ/随想 ] 世界の存在
世界 , 主観 , 唯一 , 唯一無二 , 存在 , 定義 , 客観 , 帰着 , 必要 , 思想 , 絶対 , , 草稿 , 証明 , 輪郭 , 非世界
2017.12.09 ... 絶対の定義に当て嵌まるものを新たに拾得した。それは「世界の存在」である。世界の存在を説明するためには、非世界の存在が必要だが、世界以外のものは、定義上、何もないとされている。何故なら、世界とは存在するものすべてを含有しているだからだ。唯一無二。対を絶した存 ...
spell.vincent.in/essay/2017/12/09/002002.php
[ エッセイ/随想 ] 無知の特権
エレガント , ジレンマ , 依存 , 剥離 , 定義 , 幸福 , 得意満面 , 情報弱者 , 無知 , 無駄 , 理解 , 知的好奇心 , 経験則 , , , , 草稿 , 複雑怪奇 , 解明 , 領域
2017.10.23 ... 無知の特権としては、幸福すら定義できないことにあるが、そうでない者の云う「無知は幸福」とでは些か主旨が違う。幸福とは、無知でない者の云う無知とは違った領域で──例えば、経験則なりで得た邪魔くさい知見なりを、すべて跳ね除けるだけの破壊力を備えているからだ。無 ...
spell.vincent.in/essay/2017/10/23/082435.php
[ 会話/戯曲 ] 信疑の真偽
定義 , 差異 , 真偽 ,
2016.11.25 ... 「信じるの反対って何だと思う?」「疑う?」「違うわ。信じない、よ」「──!? じゃあ、疑うの反対は?」「疑わない、よ」この定義の差異が決定的な差異を生む。対義語では表現し得ない真偽がここにある。ベースを揺るがすとは、こういうこと。 ...
spell.vincent.in/drama/2016/11/25/001936.php
[ エッセイ/随想 ] 社会的社会性 - 最大公約数と云う括り
みっともない , アホ , キャパシティ , キーワード , フィルター , プラス , 不都合 , 事実 , 価値観 , 判断基準 , 制約 , 努力 , 定義 , 常識 , 必然 , 思想 , 思考 , 教育 , 杓子定規 , 現実 , 甲斐 , 相応 , 確率 , 社会性 , 社会的 , 神様 , 等価 , 精神 , 精神的 , , 能書き , 自分 , , 要素 , 躊躇 , 通念 , 面白い , 領域 , , 馬鹿
2015.10.26 ... 漫然と抱き続けていたつまらなさの原因が、ようやく紐解けたような気がする。それは「社会的」というキーワードに集約される。例えば、「いいトシをしてみっともない。少しはトシを考えなさい」などの年令に関係した制約の類い。これは「社会的」というキーワードで説明が付く ...
spell.vincent.in/essay/2015/10/26/211000.php
[ 寓話/お伽噺 ] 自分のためだけにお金を遣いなさい・急
ダメ , ビール , 一事が万事 , 事実 , 他人 , 価値観 , 危険 , 問答 , 定義 , 根幹 , , 理由 , 破綻 , 社会主義 , , 自分 , 資本主義 ,
2012.09.03 ... Sは老紳士Mの到着を待っていた。相変わらず、札束を凝視したままだ。額から大粒の汗が流れ落ちる。背中にも無数の虫が走った。「…何やってんだ、俺は! この暑い中、部屋の窓、閉めっ切りじゃねえか…」テーブルの上にあったリモコンをひったくり、エアコンのスイッチを入 ...
spell.vincent.in/allegory/2012/09/03/024921.php
[ エッセイ/随想 ] 折衷案と妥協案と代替案について
プロセス , ポテンシャル , メリット , 妥協 , 定義 , 彷徨 , 後発 , 理解 , 目を瞠る , 盲目 , 経験則 , , , 輪郭 , 領域
2012.02.22 ... 例えは何でもよいのだが、結果的にA案とB案と云うふたつの案が立つ、と云うことを仮定する。そして、それらをどのように着地させるか、と云うプロセスをシミュレートしてみる。──折衷案と妥協案と代替案について、である。 ...
spell.vincent.in/essay/2012/02/22/230658.php
1   2   3   4   5   6